この数年で、いろいろな診療ガイドラインが「エビデンス」に基づき、次々と改訂、発表されています。メーカー主催の勉強会や講演会でも、単に薬理作用だけを解説するだけでなくエビデンスの提示が増えてきたように感じます。

 僕も、このDI Onlineで連載中の青島周一先生のコラム(青島周一の「医療・健康情報を読み解く」)を拝読したり、セミナーに参加したりしてEBM(evidence based medicine)の勉強をしていましたが、「実際に論文の読み合わせをやってみたいなぁ」と思い、最近、宇都宮市の薬剤師の有志で論文の抄読会を立ち上げました。

インフルエンザで知ったEBMと現実のズレの画像

ログインして全文を読む