こちらのブログで、何度も薬局の人員カットの話をしていますが、実は病院も例外ではありません。先日、私の友人Aと話す機会がありました。Aは40歳代の日本人で、大学からカナダに住んでいるベテランのカナダ生活者。カナダは日本と比べて、医療面でいろいろ不便があることは十分承知のはずの彼女が、私に愚痴を漏らし始めました。通常カナダでは、医療機関が閉まった後の夜間に診てもらおうと思うと、選択肢は救急病院のみになります。

11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ?の画像

ログインして全文を読む