カナダでは、多くの大手チェーン薬局が自社製品を積極的に販売しています。痛み止め、かぜ薬、サプリメント、オムツなどほとんどの生活用品について自社製品を作り、市場価格より少し安値で販売しているのです。これらの製品は利益率が高いため、薬局の経営でとても重要な要素となっています。この自社製品に近い将来、大麻(マリファナ)が仲間入りしそうです。

薬剤師が「大麻」を売る日の画像

ログインして全文を読む