カナダでは一般的に、高齢、低所得、特定疾患に罹患中などの特別な理由を除き、公的保険が適用されません。通常は勤務先で加入する私的保険で、治療費や薬代などをカバーします。ただ、全ての処方薬を私的保険で賄えるとは限りません。保険でカバーできない薬は基本的に患者の自己負担となるので、支払いが高額になるときもあります。

保険の基準を厳しくすれば余分な処方は減る?の画像

ログインして全文を読む