2018年7月号のプレミアム版限定特集のタイトルは「頭痛博士になろう」です。薬局は、頭痛に悩む人にとって一番身近な存在です。頭痛を訴えて医療機関を受診し、処方箋を手に薬局に訪れる患者に対応するためには、頭痛の薬物療法について理解しておく必要があります。しかし、頭痛の薬物療法は医師の“さじ加減”が発揮されやすく、適応外の処方も少なくありません。特集では、頭痛専門医4人の処方意図を読み解きながら、片頭痛と群発頭痛の治療、予防療法について解説しました。

7月号プレミアム版特集は「頭痛博士になろう」の画像

ログインして全文を読む