「会社の制度は整っていたが、上司や同僚の理解がほとんど得られず、結局退職に追い込まれた。育児休暇からの復帰の際には休暇前の役職で戻れたが、パート同然の責任のない職務しか与えられず、また、了承なしに降格されていた事が発覚した。降格については会社側がミスを認め謝罪を受けたが、精神的に耐えられず、子どもが病弱であったこともあり退職した」(40代・専業主婦、退職前は薬局の管理薬剤師、子ども2人)。

制度はあっても職場の理解がなければ…の画像

ログインして全文を読む