かかりつけ医やかかりつけ歯科医はイメージしやすい。だが、「かかりつけ薬剤師」や「かかりつけ薬局」は一般的にはいまだ聞き慣れない存在──。2017年10月5日に開催された社会保障審議会医療部会で、委員の1人からこんな指摘があった。発言したのは、認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長の山口育子氏。同氏は、これまで患者の視点に立った医療のあり方を提言している。今回の医療部会は欠席したが、代わりに文書で意見を提出した。

「かかりつけ薬剤師は聞き慣れない存在」の画像

ログインして全文を読む