今春の改定で後発医薬品調剤体制加算のハードルが一気に上がり、これまで以上に先発品から後発品への切り替えのプレッシャーを掛けられている薬剤師は少なくありません。薬局のみならず、急性期入院医療を対象とした診療報酬の包括評価制度の対象となっている病院(DPC病院)でも、後発品への切り替えが加速しています。

ログインして全文を読む