日経DI 薬剤師「心得」帳シリーズの第4弾、「どんぐり式 薬局副作用学のススメ 『まず疑え』から始めよ」を、2013年9月24日に発行します。この書籍は、現場で使える薬学理論を広めることに尽力してきた、どんぐり工房(盛岡市)代表の菅野彊氏に、副作用を早期に発見するために自ら発案・展開してきた服作用機序別分類や、薬物動態学、添付文書の読み方など、薬局薬剤師に必要な知識やノウハウをまとめていただいたものです。書き下ろしの第一部と、2009年から10年にかけて日経DI本誌に連載したコラム「薬局副作用学」を再掲した第二部の二部構成で、全約260ページと読み応えたっぷりです。

ログインして全文を読む