『日経DI Premium版』の連載「患者指導ワンポイントレッスン」第10回のテーマは、「湿布の上手な貼り方」です。腰痛、関節痛、肩凝り、筋肉痛など、運動器の痛みを訴える患者に多用される経皮消炎鎮痛薬の貼付剤(いわゆる湿布)の貼り方をテーマに、市谷八幡クリニック(東京都新宿区)院長の古賀昭義先生に監修していただきました。

ログインして全文を読む