ケース:保険薬局の薬剤師であるAさん。午前中の来局患者のピークが過ぎ、ひと休みしようとしたところ、後輩の薬剤師Bさんに声を掛けられました。以下は2人の会話です。薬剤師B 「Aさん、すみません、クラリスロマイシンについて教えてもらえますか。添付文書を見ると、心疾患のある患者には慎重投与となっています。しかも、重大な副作用にはQT延長や心室頻拍、心室細動などが挙げられているんですが、これってどの程度注意すべきなんでしょうか」

抗菌薬の使用で心臓死リスクは高まるか?の画像

ログインして全文を読む