ケース:冬本番、かぜの患者さんが増えてきました。薬局は今日も朝から、かぜと思われる患者さんでごった返しています。初めて来局した45歳の女性Aさんも、鼻水、喉の痛み、発熱の症状があり、内科診療所でかぜとの診断を受け、お薬を処方されました。ちなみにAさんには、合併症やアレルギー、併用薬などはありません。服薬指導を終えて、お会計に入ろうとした時、Aさんがこう質問してきました。「今日は解熱剤だけなんですか? できれば抗生剤も欲しいのですが……。かぜをこじらせたら大変でしょう?」

抗菌薬でかぜの重症化は防げるか?の画像

ログインして全文を読む