ケース:過去に熱性痙攣を起こしたことのある、3歳の男の子Kちゃんに、アセトアミノフェンが頓服で処方されました。Kちゃんの母親は、アセトアミノフェンの使用のタイミングについて、「38℃を超えたら解熱剤をすぐ使った方が良いですよね?」と尋ねてきました。どうやら、痙攣がまた起こるのではないかと心配しているようです。

ログインして全文を読む