厚生労働省は2017年1月、調剤ポイントに関する指導の基準を明確化。保険調剤の一部負担金の1%までのポイント付与を事実上、容認するかたちとなった。そこで、DI Onlineの薬剤師会員を対象に、調剤ポイントの賛否を尋ねた結果、「賛成」「どちらかといえば賛成」は計27.0%にとどまった。

6割弱が調剤ポイントに反対の画像

ログインして全文を読む