日経ドラッグインフォメーションOnlineの薬剤師会員を対象に行った、検体測定室に関するアンケートの結果、「薬局で検体測定事業を実施すべき」との回答は42.8%だった。ただし、ほぼ同率の41.0%が「分からない」と回答し、検体測定事業に関する認知度はあまり高くないことも示唆された(図1)。

「検体測定を薬局で実施すべき」は4割強の画像

ログインして全文を読む