「医者に出されても飲み続けてはいけない薬」といった過激なタイトルの特集記事が、週刊誌やウェブサイトに度々掲載されている。さらにそれでは飽き足らず、「薬が病気を作る」だとか、「認知症を引き起こす薬」などといった過激なタイトルも目立つようになってきた。そんな中、「うつ病や自殺さえ招く『薬の副作用』の新常識」と題された記事が、東洋経済ONLINEに掲載されていた。

薬の副作用でうつ病が増えるのかの画像

ログインして全文を読む