2016年にビラスチン(商品名ビラノア)とデスロラタジン(デザレックス)、2017年にはルパタジンフマル酸塩(ルパフィン)が薬価収載され、季節性アレルギー性鼻炎に適応を持つ第2世代経口抗ヒスタミン薬(以下、抗ヒスタミン薬)の選択肢はかなり広がった。今回は、アレルギー性鼻炎に対する抗ヒスタミン薬の使い分けに関して考察してみたい。

花粉症に対する抗ヒスタミン薬の使い分けの画像

ログインして全文を読む