「イブプロフェンが、男性不妊に関連する」――。そんなニュース記事がウェブ上に掲載されていた。同記事によれば、男性がイブプロフェンを服用すると、生殖機能が低下する中年期のようなホルモンの状態になることが分かったという。イブプロフェンは解熱鎮痛薬として医療用医薬品のみならずOTC薬にも含まれる成分であり、頭痛などで長期に服用している人も少なくないだろう。もしこれが事実であれば、公衆衛生上、重要な問題であることに違いない。

 ただし、ここで1つ注意が必要である。

 「○○という薬は○○という有害事象に関連する」という言い回しを、我々は「○○という薬は○○という有害事象を引き起こす」と、無意識のうちに変換してしまう傾向がある。後者の「〜が〜を引き起こす」という文章は因果関係を記述したものであるが、「関連」と「因果関係」はイコールではない。因果関係とは、ある出来事が原因となって、その結果、別の出来事が引き起こされる関連のことである。しかし、世の中には見かけ上、因果関係っぽく見える関連というものが数多く存在する。

イブプロフェンは男性不妊に関連するのかの画像

ログインして全文を読む