今回の症例は83歳女性、吉田ふみさんです。10年近く同じクリニックに通院しており、この間、処方薬の大きな変更はありません。10年ほど前に軽い胸痛を自覚し、狭心症の疑いでニコランジル(商品名シグマート他)の服用を開始しましたが、それ以降、狭心症を示唆する症状はありません。膝の痛みもそれほどひどくない様子ですが、日中の不安症状に対してエチゾラム(デパス他)を服用しており、また、寝付きが悪くブロチゾラム(レンドルミン他)が欠かせないといいます。

一包化希望の83歳女性が経験した「怖い出来事」の画像

ログインして全文を読む