薬剤師の業界では、すっかり市民権を得てしまっている「ポリファーマシー」という言葉。文字通り、「たくさんの薬」というイメージから、日本語では多剤併用と訳されることも多いようです。ポリファーマシーの定義については様々な考え方がありますが、概ね5剤以上の併用をポリファーマシーとすることが一般的になりつつあります。

そもそもポリファーマシーは「悪」なのか?の画像

ログインして全文を読む