今日から、ポリファーマシーに関する連載を始めることになりました、青島周一です。「症例から学ぶ 薬剤師のためのEBM」の姉妹編として、お読みいただければ幸いです。近年、保険薬局や在宅医療の現場では、患者さんの残薬に関して、注目が集まっています。たくさん薬が余っているにもかかわらず、定期的に薬が処方されているという実態があるのでしょう。このような問題に対して、薬剤師として、処方通りにしっかり薬を服用させ、残薬が発生しないように、患者さんの服薬支援を行うことは重要な役割の一つです。

ログインして全文を読む