「心不全パンデミック」への備えを、可及的速やかに、加速して行う必要がある――。日本医科大学武蔵小杉病院の佐藤直樹氏らは、心不全の認知度を高める活動を展開してきた経験をもとに、各地域において様々な啓蒙活動を実施し、互いに協力して対策を練るべきと訴えた。9月に仙台市で開催された日本心臓病学会で発表した。

「心不全パンデミック」への備えを可及的速やかにの画像

ログインして全文を読む