5月末に発売となった新規抗血小板薬のプラスグレルの導入率は、8月までの3カ月で14.6%だった。また、導入していない人を対象に今後の導入予定を尋ねたところ、「導入予定あり」との回答は44.2%だった。循環器プレミアムが会員を対象に8月に実施した「抗血小板薬に関する調査」の最終報告で明らかになった。

「プラスグレル導入」は14.6%、「導入予定あり」は44.2%の画像

ログインして全文を読む