血清アミロイドA/LDL複合体(SAA-LDL)とシスタチンC(CysC)が心腎連関進展予知指標として有用である可能性が示された。国立病院機構による多施設共同肥満症・糖尿病コホート研究の成果で、京都医療センターの浅原哲子氏らが日本糖尿病学会(5月22〜24日、大阪開催)で発表した。

SAA-LDLとCysC、心腎連関進展予知指標として有用の画像

ログインして全文を読む