プライマリPCIを受けるST上昇型心筋梗塞の患者の場合、入院前あるいは救急部門においてプラスグレルを投与する方がクロピドグレルより、血小板反応性指数(PRI)が有意に早く低下することが示された。3月にワシントンDCで開催されたACC2014で、ドイツのKlinikum LudwigshafenのUwe Zeymer氏らが報告した。

プライマリPCIを受けるST上昇型心筋梗塞、プラスグレルは有意に早くPRIを低下の画像

ログインして全文を読む