プライマリPCIを予定しているST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者に、プラスグレル+ビバリルジンまたはクロピドグレル+ヘパリンを投与し、30日間の複合イベントの発生を比較したところ、両群間に有意な差は認められなかった。BRAVE 4試験の成果で、ドイツ心臓センターのGert Richardt氏らが、ACC2014(3月29〜31日、ワシントンDC開催)のセッション「Interventional Cardiology, Anticoagulation Management」で報告した。

プライマリPCI時の至適抗血栓療法は?の画像

ログインして全文を読む