経皮的大腿膝窩動脈ステント血行再建術において、シロスタゾールは血管開通性を高めることが示された。ランダム化比較試験のメタ解析の成果で、米Ochsner Medical CenterのAlexandre M. Benjo氏らがACC2014(3月29〜31日、ワシントンDC開催)のセッション「Hot Topics in Vascular Medicine」で発表した。

経皮的大腿膝窩動脈ステント血行再建術で、シロスタゾールは血管開通性を高めるの画像

ログインして全文を読む