ACC/AHAガイドラインでStage D(難治性心不全)に分類される重症心不全の治療に関して、最近の臨床データを踏まえた新たなストラテジーが示された。東京大学大学院重症心不全治療開発講座特任教授の絹川弘一郎氏が、第78回日本循環器学会学術集会(3月21〜23日、開催地:東京)で提言した。

Stage D心不全に対する新たな治療ストラテジーを提示の画像

ログインして全文を読む