大災害の被災地では深部静脈血栓(DVT)の検出率が高くなることが指摘されている。福井大学の山村修氏らの調査の結果、東日本大震災の津波被災地では仮設住宅団地の間でDVT検出率に差が広がっている実態が明らかになった。

東日本大震災後のDVT検出率、仮設住宅団地の間で差が広がるの画像

ログインして全文を読む