大規模災害においては避難所や仮設住宅の生活者だけでなく、被災地の自宅生活者や非被災地への避難者においてもDVTリスクが上昇していることが分かった。第19回日本集団災害医学会(2月25〜26日、東京開催)で、石巻赤十字病院の植田信策氏らが発表した。演者らは、地域防災計画・災害対応マニュアルの策定において、被災地自宅生活者あるいは被災地からの避難者への対応も盛り込むべきことを強調した。

被災地の自宅生活者、非被災地への避難者もDVTリスク上昇の画像

ログインして全文を読む