新しい専門医制度に基づいた研修が2017年度からスタートする。3学会構成心臓血管外科専門医認定機構代表幹事の橋本和弘氏(東京慈恵会医科大学心臓外科教授)は、第44回日本心臓血管外科学会学術総会(2月19〜21日、開催地:熊本市)の特別企画「新たな専門医制度」で、2月18日現在の心臓血管外科専門医研修プログラム整備指針(案)を提示。「現行の心臓血管外科専門医資格要件は、新制度の資格要件をほぼ満たしており、大きな見直しの必要はないだろうと考えられるが、新制度においてはカリキュラムに沿ったプログラムの提出が求められることになる」と指摘した。

新専門医制度に向け心臓血管外科専門医研修プログラム整備指針(案)を提示の画像

ログインして全文を読む