国立循環器病研究センターは2月25日、同センターの予防医学・疫学情報部の西村邦宏氏らの研究チームが、植物性の食品を中心とする食事が血圧降下と関連していることを明らかにしたと発表した。高血圧に対する非薬物療法として、ベジタリアンの食事パターンが有効である可能性が示唆されると言及している。

植物性の食品を中心とする食事が血圧降下と関連の画像

ログインして全文を読む