平成24年国民健康・栄養調査結果が公表されました。それによると、「糖尿病が強く疑われる人」は950万人と前回調査(平成19年)に比べ60万人増となりました。糖尿病の可能性を否定できない人は1100万人で、平成9年以降、初めて減少しました。

「糖尿病が強く疑われる人」は950万人と推計の画像

ログインして全文を読む