福岡山王病院循環器センター長の横井宏佳氏は、第27回日本冠疾患学会学術集会(2013年12月13〜14日、開催地:和歌山市)の外科内科合同パネルディスカッション「PCI vs. CABG―左冠動脈主幹部病変・多枝病変へのアプローチ」で、冠動脈疾患の至適治療の確立に向けた自らの考えを示した。至適治療の確立には、臨床でのexperienceをもとに「常にガイドラインを超える新たな挑戦が必要だ」「ガイドラインを超えようとする臨床医のマインドが医療を変えていく」などと訴えた。

冠動脈疾患の至適治療の確立には「ガイドラインを超える新たな挑戦が必要」の画像

ログインして全文を読む