国立循環器病研究センター感染対策室感染管理認定看護師の牧内優子氏は、第27回日本冠疾患学会学術集会(2013年12月13〜14日、開催地:和歌山市)で、「医療関連感染を防止する鍵は、どのような行動や対応が感染のリスクとなるのかを理解し、そのリスクを減らすことと、関連する職員全員で取り組むことだ」と指摘。院内ラウンド中に撮影した感染リスクとなり得る現場の写真を、感染対策委員会や院内出張講義などで、多くの職員に見てもらう試みを始めたことを明らかにした。

感染リスクとなる行動や対応を理解し、職員全員で取り組むの画像

ログインして全文を読む