降圧薬の第1選択薬の処方状況は、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)が46.9%と最多で、Ca拮抗薬が42.0%で続いた。過去の調査結果を振り返ると、2008年調査まではCa拮抗薬が一貫してARBを上回ってきた。しかし、2009年調査で初めてARBが逆転し、その後、5年連続でARBが1位となった。ただし、両者の差は年々縮小し、今回の調査では4.9ポイントまで縮まった。日経メディカル 循環器プレミアムが実施した「高血圧治療に関する調査2013/14」で明らかになった。

降圧薬の第1選択薬、1位のARBと2位のCa拮抗薬の差が縮小の画像

ログインして全文を読む