現在治療している脂質異常症の患者で最も多いタイプは「高LDLコレステロール血症」で、回答者の77.3%が挙げた。また、合併症については、72.6%が「高血圧」を、66.5%が「糖尿病」を、43.9%が「虚血性心疾患」をそれぞれ挙げた。日経メディカル オンラインが実施した「脂質異常症に関する調査2013-2014」で明らかになった。

脂質異常症の患者で最も多いのは「高LDLコレステロール血症」の画像

ログインして全文を読む