国内で実施されたランダム化対照試験(RCT)から、透析患者に対する低用量のスピロノラクトン長期投与は安全であり、転帰改善に有効である可能性が示唆された。結果は2013年10月30日、J Am Coll Cardiol誌オンライン版に掲載された。

低用量スピロノラクトンの長期投与が透析患者の転帰を改善の画像

ログインして全文を読む