心房細動患者の塞栓症リスクは、腎機能が悪いほど高くなることが報告されている。このため、腎機能低下を有する心房細動患者に対しては、より積極的な抗凝固療法が望まれるが、その際、出血リスクをどう評価すべきかは明らかではない。亀田総合病院循環器内科の鈴木誠氏らは、第61回日本心臓病学会学術集会(9月20〜22日、開催地:熊本市)で、日本人患者を対象とした前向き研究の結果として、CKD Stage 3以上が出血性合併症のリスク因子になることを報告した。

CKD Stage 3以上は心房細動患者の出血リスク因子の画像

ログインして全文を読む