冠動脈疾患の治療において、従来は有効ではないと考えられていた硝酸薬が見直されつつある。熊本大学医学部附属病院高度医療開発センター心不全先端医療寄附講座の小島淳氏は、第61回日本心臓病学会学術集会(9月20〜22日、開催地:熊本市)で、心筋梗塞患者の2次予防における硝酸薬の有用性を示唆するエビデンスを紹介するとともに、虚血性イベント発症前からの投与によるプレコンディショニング作用、Ca拮抗薬との併用による心血管イベント抑制効果が得られる可能性を指摘。「硝酸薬の特徴を理解し、病態に応じた適切な使い方をしていくべきだ」と強調した。

虚血性イベント発症前からの硝酸薬投与にプレコンディショニング作用の可能性の画像

ログインして全文を読む