経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR;transcatheter aortic valve replacement)の次世代技術として注目される18F経カテーテル弁システム(Direct Flow Medical社)の有効性と安全性が確認されたことが示された。多施設前向き試験であるDISCOVEREU, CE Mark試験の成果で、フランスICPS-Hopital Prive Jacques CartierのThierry Lefevre氏らが欧州心臓学会(8月31日〜9月4日、アムステルダム)で報告した。

TAVRの次世代技術、18F経カテーテル弁システムの有効性と安全性を確認の画像

ログインして全文を読む