糖尿病は心房細動のリスク因子の1つとされている。しかし、糖尿病の影響が独立したものであるか否かは、報告によって見方が異なり、結論が出ていない。公益財団法人心臓血管研究所(心研)付属病院循環器内科の鈴木信也氏らは、心研データベースに登録された約1万3000例のデータを用いて、心房細動罹患における糖尿病の関連を検討した結果を第28回日本糖尿病合併症学会(9月13日〜14日、開催地:旭川市)で報告した。

「糖尿病と心房細動罹患は本質的には独立相関する」の画像

ログインして全文を読む