脂溶性スタチンと親水性スタチンでは、急性心筋梗塞(AMI)後の二次予防効果に有意差がないことが示された。多施設共同比較試験であるALPS-AMI試験の結果、明らかになったもので、信州大学医学部の伊澤淳氏らが第35回欧州心臓学会(8月31日から9月4日、アムステルダム)で報告した。

AMI後の二次予防効果、親水性スタチンと脂溶性スタチンは同等の画像

ログインして全文を読む