冠動脈造影またはPCIを予定されているトロポニン上昇を伴う非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI)患者において、P2Y12受容体阻害薬プラスグレル30mgの前投与には、非前投与を上回る効果が認められないことが示された。欧州でNSTEMI患者4100例を対象に行われたACCOAST試験の結果、明らかになった。フランスPitie-Salpetriere HospitalのGilles Montalescot氏らが9月1日、オランダ・アムステルダムで開催中の欧州心臓学会で発表した。

プラスグレル30mgの前投与に非前投与を上回る効果なし、ACCOAST試験からの画像

ログインして全文を読む