待機的PCI患者に対するアスピリン併用時のプラスグレル投与において、有効性と安全性が確認されたことが報告された。日本で行われたPRASFIT-Elective試験の結果、明らかになったもので、東邦大学医療センター大橋病院の中村正人氏らが、第22回日本心血管インターベンション治療学会(7月11〜13日、神戸)で報告した。

待機的PCI患者へのプラスグレル投与でも有効性・安全性を確認の画像

ログインして全文を読む