冠動脈疾患を合併した高LDL-コレステロール血症患者において、ピタバスタチンはアトルバスタチンと比較してArterial Stiffness(動脈壁硬化)を改善する効果が高いことが示された。クリニック神宮前(奈良県)の高見武志氏らの研究成果で、第45回日本動脈硬化学会(7月18、19日、東京開催)で報告された。

ピタバスタチンにArterial Stiffnessを改善する効果の画像

ログインして全文を読む