クレアチンキナーゼ阻害が高血圧治療の新しい標的になりうることが示された。自然発生高血圧ラット(SHR)を用いた動物実験で明らかになったもので、その成果を、オランダAcademic Medical CenterのLizzy M. Brewster氏らが第23回欧州高血圧学会(6月14〜17日、ミラノ)で報告した。

クレアチンキナーゼ阻害が高血圧治療の新しい標的にの画像

ログインして全文を読む