冠動脈バイパス術(CABG)後の患者が短期間の運動を行ったところ、QT間隔のばらつき(QTd)や血圧に好影響だったことが示された。セルビアUniversity of NisのV. Stoickov氏らが第23回欧州高血圧学会(6月14〜17日、ミラノ)で報告した。

CABA後の患者に対する短期運動、QTdと血圧に好影響の画像

ログインして全文を読む