GLP-1による治療が継続できなくなった2型糖尿病患者の中に、できるだけ早くインスリン導入を図るべきだったと考えられる症例はあったかと尋ねたところ、26.7%の医師が「あった」と回答した(n=786)。循環器内科(n=199)では22.1%にとどまったが、糖尿病・内分泌代謝内科(n=140)では55.7%と高率だった。日経メディカル オンラインが実施した「2型糖尿病治療に関する調査2013/14」で明らかになった。同様の質問はDPP-4治療の非継続例についても尋ねたが、DPP-4治療では34.9%で、GLP-1の方が低率だった。

GLP-1治療の非継続例にも、早くインスリン導入を図るべき症例が「あった」の画像

ログインして全文を読む