2013年6月15日、イタリア・ミラノで開催された第23回欧州高血圧学会で、欧州高血圧学会(ESH)/欧州心臓病学会(ESC)による新しい高血圧管理ガイドラインが発表された。本ガイドラインは第一版が2003年に、それを改訂した第二版が2007年に作成されており、今回報告されたものは第三版となる。第二版発表から6年が経過し、その間に新しい臨床成績も増えているが、新ガイドラインはそれらを反映するとともに、旧版に比べevidence-based medicine(EBM)に厳格に適用する姿勢を鮮明に示した。重要項目に修正が加えられた点を中心に新ガイドラインの特徴を紹介する。

欧州高血圧学会(ESH)/欧州心臓病学会(ESC)が高血圧管理ガイドラインを改訂の画像

ログインして全文を読む